勉強会、プロ研カップについて

2016年4月20日

4月23日(土曜日)に勉強会が行われます。実際にゲーム業界で働いている先輩方が来ていただける「とても貴重な」機会です。また、自分の作品や企画を厳しく評価していただけるプロ研カップも開催します。当日参加も可能ですのでご応募下さい。

日時:4/23(土) 12:00 受付開始 12:45 開場 13:00 開催
場所1:831教室 (講演・プロ研カップ)
場所2:832教室 (受付・展示)

【追記】
勉強会はプロ研部員の方でなくても参加できます。
将来クリエイターになりたいと思う人は是非ご参加ください。

勉強会では参加者特典を用意しています。

・勉強会参加特典
プロ研OBデザインのオリジナルクリアファイル1枚をプレゼント。

・プロ研カップ応募特典
プロ研OBデザインのオリジナルクリアファイル4種(4枚)をプレゼント。

・プロ研カップ受賞特典
プロ研OBの直筆イラストを進呈。

さらに、プロ研に入部された方にはクリエイターになるための必読書P-Press OB版(136P小冊子+34P小冊子)をプレゼント!

新入生歓迎会について

2016年4月7日

新しく入学した学生にプログラミング研究会のことをよく知ってもらうために、毎年4月中旬、新入生歓迎会を開催しています。
校内のスペースを貸切り、作品紹介を交えながら、活動内容などを詳しくご説明します。
説明が終わったあとは立食会となり、上級生と交流することができます。
興味のある新入生はぜひお越しください。

2016年度の新入生歓迎会は4/15(金)18:30より学生会館にて開催されることが決まりました。

新入生向け説明会について

2016年4月7日

プログラミング研究会に興味がある方向けの説明会を開きます。
日程は以下の通り
 ・4/11(月)17:00~ 712教室
 ・4/12(火)17:00~ 712教室
 ・4/13(水)17:00~ 712教室
 ・4/14(木)17:00~ 712教室

17時からプロジェクターを使った説明会を行います。その後、過去の作品を見ながらどのように活動しているかなどを個々に話すような形になるので時間通りに来る必要はなく、また入退室も自由です。
5限目があり時間通りにこれないという方も気軽にお越しください。
712教室とは7号館の1階にある2番目の教室です。7号館の1階には数えるほどの教室しかありませんし、当日は看板を出していると思うのですぐに見つかるはずです。
ちなみに7号館は健康診断を行った際に使用した建物です。

シナリオ分科会紹介

2016年4月4日

アニメやゲームのシナリオを書いてみたい!マンガの原作者になりたい!ドラマCDの脚本を書いてみたい!そういった人たちのやりたいことを実現していくのがシナリオ分科会です。 自分が作ったシナリオでアニメやゲームを作ろうとしても、個人活動では絵が描けなかったり、プログラムが組めなければ作品を作ることができません。 シナリオ分科会ではアニメ・ゲーム・マンガの原作者としてシナリオ、脚本、台本を作成し、絵やプログラムは他の分科会と協力することで作品を仕上げていきます。これにより個人活動ではできなかった作品を制作することができます。 シナリオ分科会では週に1回集まって、書いてきたシナリオを評価し合います。これによって、一人では気付かなかった誤りに気付いたり、新しいアイデアを得たりすることができます。 制作活動の最初は小説、その後はドラマCDの台本、アニメ・ゲーム・マンガの原作・シナリオ・脚本というように、徐々にステップアップしていきます。 自分のシナリオに声や絵が付いた時の感動は忘れられません。初心者、経験者問わず、一緒にシナリオを書いてみませんか?

マネージャー分科会紹介

2016年4月1日

ゲームを作ってみたい!アイデアはあるのに、絵も描けないし、プログラムも組めない……。そんな人は居ませんか? マネージャー分科会は複数の人のイラスト、音楽、プログラム、声優、シナリオ等様々なコンテンツを、プロデューサーやマネージャーとしてアニメ・ゲーム・マンガなどの1つの作品完成に導いていく活動を行っています。簡単ではありませんが、完成した時の喜びは個人制作以上です。 プロデューサーになるにはどのような人がどのようなスキルを持っているかを把握しておく必要があります。そして何よりも自分の名前をクリエイターに知って貰う必要があります。このため、最初は食事会などのイベント、部内誌P-Press、公式Webなどのマネージャーとして取りまとめを行うことでクリエイターのスキルを把握し、自分の名前を覚えてもらい、マネージャーとしての能力を身に着けていきます。後期からは徐々にゲームやアニメなどの作品制作・プロデューサーとして活動していきます。また、マネージャーが好きであれば、ずっとマネージャーとして活動することもできます。 監督やゲームプロデューサーを目指す人、個人作品は苦手だけれど他の人の作品をまとめることならやってみたい人、クリエイターの友達を作りたい人、純粋にマネージャーになりたい人は是非マネージャー分科会に来てください。アニメ・ゲーム・マンガ好きであれば、きっと、多くのクリエイターの友達を作ることができ、楽しく素晴らしい作品を作れるはずです。

声優・音響分科会紹介

2016年3月31日

アニメやゲームの主人公やヒロインの声を自分で演じてみたい!アニソンバンドをやりたい!レコーディングスタジオでミキサーや音響監督をやりたい!それを実現しようというのが、声優・音響分科会です。 最近では歌って踊れるアイドル声優が活躍していますが、それだけが声優ではありません。子供から老人まで幅広い役があり、みなさんが持っている声に合った役が必ずあります。声優・音響分科会では得意な役のトレーニングから初めて、徐々に役の幅を広げていきます。メンバーと一緒にトレーニングすることで楽しくスキルを伸ばして、アニメやゲームの様々なキャラクターを演じましょう! 活動は週に1回集まってトレーニングを行い、文協祭や工芸祭に向けてスタジオでアニメ、ゲーム、ドラマCDなどの作品のレコーディングを行っています。 声優だけでなく、アニソンバンドをやりたい!純粋にアニソンバンドがやりたい!子供の頃から演奏している楽器を作品作りに活かしたい!そういという人向けに、スタジオを使って演奏やボーカルのトレーニングも行う予定です。皆さんの作品はアニメやゲームの主題歌となります。 声優は苦手だけど録音調整はやってみたい!声に効果音やBGMをミキシングして作品を仕上げたい!そういった人たちにも活躍の場があります。 声優・アニソンバンド・音響いずれも初心者から経験者まで楽しく活躍できる場を用意しています。一緒にやってみませんか?

DTM・DAW分科会紹介

2016年3月30日

DTMとはDeskTopMusicの略称で要するにPC上で作曲していくことです。 DAWとはDigital Audio Workstationの略称で、作曲は編集に利用するツールのことを表します。 DTM・DAW分科会では主に「DOMINO」というフリーのシーケンスソフトの使い方を教え、曲を作っていこうと考えています。 さて作曲というと子供のころから音楽をやっていないと、楽譜が読めないのではないかなど、気軽に取り組みにくいイメージが強いのではないかと思います。 しかし、そんなことはありません。誰でも簡単に曲をつくる事が可能です。 百聞は一見にしかず。少しでも興味があれば是非、一緒に曲を作って行きましょう。 前期はDOMINOを用いて曲を作りますが後期にはCubaseなどを使った作曲を行う予定です。

プログラム分科会紹介

2016年3月29日

ゲームが好きな人は誰しも「こんなゲームがあったら…」「このゲームでこんなことができたらもっとよくなるんじゃないか?」と思ったことが有るのではないでしょうか? 「それならば自分で作ってしまおう!」というのがプログラム分科会です。 プログラム分科会の活動はゲーム制作に必要な知識などを提供し、かつ制作も行っています。  プログラム分科会では主にC言語やゲームオーサリングツールを使用してゲームを制作しています。 プログラムをやったことがない、いままでパソコンを使ったことがないという方でも頑張ればちゃんとゲームを作る事ができます。  自分の作った作品は部内で発表したり、文協祭、工芸祭、などの大学のイベントで展示し、一般の方に見て頂く機会もあります。  初心者経験者問わず、やる気のある方にはとことん教えます。一緒にプロ研を盛り上げましょう!

3DCG分科会紹介

2016年3月28日

三次元のコンピュータグラフィックを扱う3DCG分科会は、主にパソコンを使って3DCGを作っています。 3DCGとは、三次元に作られた物体を二次元の画像に変換したものを言います。物を配置して写真を撮るようなものです。現在では、映画やゲーム、テレビなどさまざまなメディアに使われています。 最近の3Dの敷居は低くなり、比較的安価で3Dの世界に入ることができます。ちょっと3Dの世界に触れるくらいならタダでできてしまいます。 当分科会では主に、 Metasequoiaを使った3Dモデリング講座を開いています。部ではMetasequoia以外にも、 Shadeなどプロが使うようなソフトもあります。 3Dに触れながら、慣れてきたら作品を作ってもらいます。作った作品は、文協祭、工芸祭などの学内イベントで展示されます。 初心者に一から教えるようにしているのではじめての方でも大丈夫です。 3DCGに興味とやる気がある人は、ぜひ一度部に足を運んでみてください。もちろん経験者も歓迎します。

2DCG分科会紹介

2016年3月27日

2DCG分科会では、主にAdobeソフトPhotshopやIllustratorを使って作品制作を行っています。 初心者向けに2DCG講座も行っています。 当研究会では、2DCGを始めるのに使うスキャナ・ペイントソフト・ペンタブレットがあり、気軽に作業できる環境を整えています。 CGというとどこか取っ付きにくいところがあるかもしれません。 しかしそんな事はまったくなく普段ノートの端やテスト用紙の裏にちょこっと落書きをするような感覚で、描きたいこと、表現したいものを描いてしまえばいいのです。 ですから、インク、アクリル、油絵の具といった様々なツールの中に、CGというツールもあるんだという感覚で楽しんで描いてもらえたらなと思います。 また、自分の作品を発表するような機会もあるので、他の人から受ける刺激や、自分の絵を客観的に見直すことで、きっと自分のスキルにプラスになることもあると思います。 お試しで始めるもよし、ばりばり描いていくのもよし、もし興味があるんでしたらこの機会に始めてみては如何でしょう?? 行動しだいではいろんな発見があり成長することもありの、充実した生活を送れるかもしれませんよ??